複雑・困難な共有物分割請求訴訟に強い弁護士事務所
JR有楽町駅から徒歩1分
03-5293-1775
お電話受付時間
平日10:00〜18:00
メニュー
自己破産TOP  /  債務整理の一般的注意事項

債務整理の一般的注意事項

(1)預金との相殺
A社に介入通知(残債務ある場合)又は取引履歴開示請求書(完済の場合)を送ると、B銀行の口座が約2ヶ月間に渡ってロックされ、かつ、同口座にある預金とA社に対する債務が相殺されるということがあります。
債権者に弁護士が介入する以前に口座から預金を全額引き出し、さらに給与などの入金口座となっている場合は勤務会社に入金口座の変更申請をしておく必要があります。

(2)信用情報登録機関への情報登録
残債務がある貸金業者に介入通知を送ると信用情報登録機関に情報が登録され,5年間又はそれ以上の期間はその記録が残り,その間の借り入れ,クレジットカード申請,住宅ローン申請,自動車ローン申請が不可能になる可能性があります。

自己破産を検討中の方へ

自己破産に対して必要以上に悪いイメージを持つべきではありません。
自己破産は人生を「ゼロから」ではなく「プラスから」やり直す手段ですので,お気軽にご相談下さい。 03-5293-1775
ご相談・お問い合わせは完全無料